『地球の抱き方』〜もっと仲良くなるために〜

昆虫食や地球の魅力を綴ります。五感で地球を感じたい。

改めて自己紹介「地球少年」篠原祐太 プロフィール

篠原祐太(しのはらゆうた)です。

 

1994年地球生まれ、慶應大学に在学中です。

とにかく地球が大好きで自然や生き物を愛してます。

現在は「地球少年」として昆虫食の魅力を発信してます。

 

f:id:yshinoearth:20170129121446j:plain

 

『昆虫食』とは、虫を食べること です。

 

日本では、虫に対する強い嫌悪感や、先入観や思い込みも根強いです。しかし、世界では20億人が虫を食べているとされ、日本でもイナゴを食する文化もあります。僕は、昆虫食が大好きなんです。そこで、美味しくて楽しい昆虫食を届けることで、虫や昆虫食への偏見をとりのぞき、昆虫食の可能性を伝えていきたいと思ってます昆虫食の溢れる魅力が偏見で埋もれちゃてるのはあまりに勿体ない。食の実感や未知に挑戦する喜び、体を動かす楽しさや自然の魅力 etc、昆虫食を通じて得られる喜びは無限大です。

 

『食は作業ではない、冒険だ』

ちょっと勇気を出せば楽しい世界が広がります

 

ということで、様々な形で、昆虫食の魅力を届けているのですが、せっかくの機会なので、幾つか紹介させて下さい。

 

最近、最も手応えを感じているのは、コオロギラーメンです。

 

f:id:yshinoearth:20170129120811j:plain

 

文字通り、コオロギで出汁をとったラーメンです。ラーメン一杯につき、100匹のコオロギを使っています。ラーメン凪さんと共同開発したのがきっかけでしたが、お陰様で好評をいただいています。友人が動画にまとめてくれましたので、良ければぜひ。

 

youtu.be

 

ラーメンに合う、サイドメニューにも、虫をたっぷりと。

 

まずは、コオロギ出汁の炊き込みご飯 スープと食べると病みつきに...

f:id:yshinoearth:20170515195050j:plain

 

お次は、虫ワンタン。肉汁あふれてジューシー!

f:id:yshinoearth:20170515195044j:plain

 

そして、ワーム春巻き さっくさくで止まらない...

f:id:yshinoearth:20170515195026j:plain

 

お口直しには、バッタのパンナコッタを。お口の中が草原に〜

f:id:yshinoearth:20170515195059j:plain

 

ぜひラーメンのフルコースは一度食べていただきたい。

詳しくは、このあたりの記事をご覧ください。

 

netallica.yahoo.co.jp

 

nikkan-spa.jp

 

以前は、赤坂サカスでのフードフェスにも出展、600杯完売でした。

またフードフェス出たいな。オススメあれば連絡下さい。

 

www.ikedahayato.com

 

因みに、ラーメンの販売時に要望が多かったので、

虫つけ麺 もつくってみました。春らしく爽やかに。

 

f:id:yshinoearth:20170515194935j:plain

 

虫ごとの味の違いを楽しんでいただけるように、

コオロギ、トノサマバッタ、カイコと、3種類の虫を使用。

 

海外でも取り上げていただきました。↓

 

www.reuters.com

 

他にも、虫を贅沢に使った虫フレンチは好評でした。

 

f:id:yshinoearth:20170515202028p:plain

 

mtrl.tokyo

 

食事だけではなく、虫スイーツもつくったりしてます。

 

f:id:yshinoearth:20170515200025p:plain

(左から順に虫あんみつ、虫ケーキ、虫アイス、虫キャラメリゼ)

 

大切な人には、虫チョコレートで、

特別なバレンタインをいかがですか?

 

f:id:yshinoearth:20170515195236j:plain

 

jp.reuters.com

 

食べ物だけじゃなく、お酒もつくります!虫カクテルです。

f:id:yshinoearth:20170515195142j:plain

 

意外にも!? タガメはものすごくフルーティー!

お酒がマイルドで飲みやすくなります。

 

こちらも、友人が動画にまとめてくれました。ぜひ。

(Special thanks to Taishu Hoshino)

youtu.be

 

他には、虫中華虫和食定食を販売したり、ありとあらゆる虫料理を創ってきましたが、長くなるので、ここでは割愛。虫料理の可能性はほんと無限大です。

 

最近は、いつでも美味しい虫料理が食べられる昆虫料理専門店をつくりたいと思ってます。飲食店に詳しい方、ぜひお力貸していただきたいですm(_ _)m

 

過去企画だと、闇鍋とかも好評でした。

f:id:yshinoearth:20170129121309j:plain

 

普段はあまり食べられないけど実は美味しい生き物を贅沢に使って鍋をつくりました。見た目は手強いですが、味は美味しいですよ。『全ての食べ物は生き物である』

 

youtu.be

 

動画:コオロギやゴキブリが食材に、昆虫食伝道師の鍋パーティー 写真21枚 国際ニュース:AFPBB News

 

 

虫料理ケータリングもやってます。気軽に相談下さい!

f:id:yshinoearth:20170129121202j:plain

 

誕生日や会社の周年パーティーでの利用が多いです。

特別な日に、ちょっと刺激的なサプライズを。

f:id:yshinoearth:20170129121351j:plain

 

 

食べるだけじゃ物足りないという人には、

自分達で虫を捕まえて食すツアー

も開催しています。

 

f:id:yshinoearth:20170129121457j:plain

 

これは夏や秋など「旬の虫」が多い時期によくやります。誰でも大歓迎です。ぜひ気軽に遊びに来て下さいね。昆虫食の醍醐味はここにつまっています

 

「自然の楽しみ方を伝授してもらうツアー」でバッタと野草の天丼を食べた【レポ記事】 | 東京別視点ツアー

 

f:id:yshinoearth:20170129121329j:plain

 

 

あとは、子供達を中心に、昆虫食や虫捕りのワークショップを開催したり、講演に呼んでいただいたり、記事を書いたり、様々な形で、昆虫食普及活動を進めてます。昆虫食の魅力をお伝えさせていただけるのなら、どこでも飛んでいきます!

 

f:id:yshinoearth:20170515202647j:plain

(中高生向け、ワークショップ開催時の様子) 

 

ワークショップの様子はこちら。

地球少年こと篠原くんと、「虫」を食べてみた!?※虫が苦手な人は画像に気をつけて下さい。 | 青春基地

 

僕の生きがいは、自然や生き物に関わること全般なのですが、最近だと、都会サバイバルとかも、とても楽しいです。身の回りにある幸せと面白さ。

 

www.excite.co.jp

 

何も、アマゾンやアフリカにいくことが全てじゃないですね。(アマゾンとかアフリカも最高でしたが...)どんな環境でも、楽しむも楽しまないも自分次第。

 

sekaishinbun.net

 

基本的には、アオイエっていうシェアハウスにいます。昨年秋、友人と一緒につくった場所で、イベントもよくやってます。もうすぐ二軒目もできるかも。気軽に遊びに来て下さい!

 

onomaryo.net

 

以上、一部ですが、僕の昆虫食の活動を中心に、自己紹介させていただきました。ありがたいことに、多くのメディアにもとりあげていただき、自分が歩みたい道が見えてきました。美味しい昆虫料理と、楽しい昆虫食ツアーを軸に、昆虫食の魅力をこれでもかと表現していきたいです。創り続けるぞ〜 ここからが勝負ですね。

 

f:id:yshinoearth:20170129131135p:plain

 

とはいえ、実際の体験や感覚が超大切になる昆虫食において、文字や写真で伝えられることは極々わずかで、限界があります。やってみないと始まりません。もし、興味を持ってくださった方がいれば、気軽に連絡ください。コラボとかも大歓迎です!

 

また、日々の活動やイベント告知はSNSで更新してます。よければ!

 

Twitter地球少年 / 篠原祐太 (@yshinoearth) | Twitter

Facebookhttps://www.facebook.com/y.shino.earth

 

参考までに、僕のHPです。

yshinoearth.com

 

 

「自分の力を発揮できるところに、運命は開ける」
 
福澤諭吉先生の言葉です。そして、僕にとってはそれが昆虫食です。昆虫食にかける想いと情熱だけは絶対に誰にも負けません。より美味しく、より魅力的な昆虫食を形にしていきますのでお楽しみに!引き続き、何卒よろしくお願い致します。

 

愛する昆虫食で、より魅力的な地球を創っていきます。 

 

『食は作業ではない、冒険だ』 

地球少年 篠原祐太